×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

上申書・目次

 昭和63年(う)第680

                   上申書

                             殺人等被告人   折山敏夫


   頭書被告事件につき、逮捕拘留期間の取調べがどのように行われたのか、以下のように意見を上申いたします。

   平成264日 

東京高等裁判所第二刑事部御中
 

         警視庁代用監獄136日間の記録  ・  目次

1. 逮捕(716日)

   深夜の待ち伏せ   逮捕状   引き回しの恐怖   裸体検査   22時間ぶりの食事   眠れない

2. 拘禁(717日)

   独房入り   窓のない部屋   取調技術①弱みにつけこむ   取調技術②罵倒制圧                                        取調技術③服従させる

3. 当局のシナリオ

   マスコミとの合作劇   強制捜査着手の事情   事件の構図   田園調布で喧嘩した                             取調技術④挑発する   取調技術⑤理詰め説得

4. 共犯者(逮捕第1週)

   隣室の声   矢ケ崎氏が叫ぶ   妻や友人を逮捕する   200名からの事情聴取                  預金がおろせない

5. 情況証拠

   通帳と印鑑を所持していた理由   5年前の佐藤の立場   300万円の入手先                    取調技術⑥決めつける   取調技術⑦おだてる

6. 心当たり(逮捕第2週)

   松原弁護士のヒント   5年前の変死体

7. アリバイ主張(逮捕第3週)

   福岡で佐藤と会った   裏づけ調査させるには   取調技術⑧かく乱する

8. 検事交代(87日過ぎ)

   別件再逮捕   弁護人の資格剥奪   子供も同罪

9. マスコミ恐怖(再逮捕第1週)

   取調技術⑨恐怖心を煽る   土台の下に埋めた?   日航機墜落                        詐欺容疑を認める

10.刑事が味方?

   孤立無援の悲しさ   取調技術⑩情で縛る   取調技術⑪演技する

11.絶望状況(再逮捕第2週)

   嘘を供述しろ   ポリグラフ検査   麻酔分析の恐怖   自殺の覚悟

12.検事のトリック(821~24日)

   捜査当局を誘導する   太宰府の河原   佐々木検事が欺した 

13.訴状

   情報の遮断   田園調布からの賠償請求   親友の訴え

14.変死体の身元(825日~29日)

   佐藤はホモか   現地調査の結果   佐藤の死体だった

   あと2つの女性変死体が出た

15.見納め

   土壇場での対決   この世で最後   91日の取調べ   自白したのか

16.検事の翼下(9月初旬)

   取調技術⑫泣き落とす   取調技術⑬利益誘導   再々逮捕容疑   またも逆転

17.先が見えた(9月中旬)

   取調技術⑭肉親の情を利用   三浦和義氏逮捕の日   極刑に処す   録音テープ

18.本件逮捕(921日~1013日)

   面通し   取調技術⑮欺す   嘘つき検事、町田   仲間割れ   起訴の日 

19.留置場

   時間割   入浴・洗濯など   二重の差別   落差

20.起訴後勾留(1014日~1128日)

   虚偽自白の理由   白石主任の心証   課長面談   同房者をスパイに   移監

 

     次のページへ進む      ホームページのTOPへ戻る